So-net無料ブログ作成
検索選択
前の8件 | -

6代目レガシィB4 [車・バイク]

6代目となるレガシィシリーズは、2タイプがラインアップされており、
スポーティな走行性能や、スバル独自の安全システム、EyeSightを採用した、
 ・セダン「B4」
 ・SUV「アウトバック」

があります。

レガシィB4は、最高出力129kW(175馬力)/5800rpm、
最大トルク235Nm(24.0kgm)/4000rpmを発生する、
2.5L 水平対向4気筒 DOHCのFB25型エンジン+リニアトロニックCVT
との組み合わせで、高い評価となっています。



共通テーマ:自動車

日産セレナの車内長さはクラスナンバー1 [車・バイク]

日産セレナは、
使い勝手が良くて、快適に運転移動ができるといった、
ファミリー向けの車に求められる能力は、
ミニバンクラスの アベレージを、充分に超越しています
さらにセレナは、最新鋭の技術が採用され、
安全に、快適・便利で、低燃費なクルマなんです。 
 
このモデルは、ファミリーカーに求められる能力を追求し、
進化してきたもので、家族にとって重宝する車であることは、
間違いありません。
 
家族第一に考えられる特徴は、3240mm の車内長さは、クラスナンバー1で、
便利な機能や誰にでも扱いやすいという、
幅広いユーザーに適すること、太鼓判を押せます。 


共通テーマ:自動車

VW ゴルフ「GTI」FFのスポーツモデル [輸入車]

フォルクスワーゲン「ゴルフ」には初代モデルから
定番のハイパフォーマンスグレードがあって、
それこそが「ゴルフ GTI」だ。
 
ゴルフの高性能モデルには、
 
「GTI」というFFのスポーツモデルと、
4WDのスポーツモデル「R」がラインナップされている。
よりパワフルなのは「R」です。
VWとしてもFFのままパワーを追求したって意味ないと
考えているのではないでしょうか。
ところが、昨今の流れはFF。
 
シビックタイプRは、欧州じゃ全く売れていないけど、
ルノーやセアト、プジョー、シトロエン、オペルが続々とFFの
スポーツモデルを出しており人気があります。


共通テーマ:自動車

日産ティーダの中古買取価格相場 [車・バイク]

日産ティーダは、上質なコンパクトカーとして2004年より販売された
ハッチバックのクルマですが、 2012年絶版車になっています。
 
参考として、買取価格相場を調べてみますと、次のようで、
ティーダの状態や査定時期とか買取店によっても、査定価格は変動します。
参考として、見てください。
・2008年式(H20年) 走行距離 6.3万キロkm 価格 9.5~5.0万円 ホワイト
・2010年式(H22年) 走行距離 4.6万キロkm 価格 31~25万円 シルバー
・2011年式(H23年) 走行距離 4.3万キロkm 価格 25.0万円 シルバー
・2012年式(H24年) 走行距離 4.8万キロkm 価格 35.0万円 ブラック


共通テーマ:自動車

ハンドリングのいいレガシィB4 [車・バイク]

レガシィB4 リミテッドグレード DBA-BN9 について、
 
ボディの大きさをさほど感じさせない、軽快な走りやすい車で、
ハンドリングには好感が持てます。

それでいてコーナーでは安定性にすぐれ、
狙ったラインに乗せることはたやすい
ハンドリング

新たにオートステップ変速を採用した、
リニアトロニック(CVT)との絶妙な連携により、街地から高速、
ワインディングに至るまでの、心地いい加速フィールを実現しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 


共通テーマ:自動車

日産ティーダの絶版車について [車・バイク]

日産ティーダは、2012年絶版車になっていますが、
グレード:15M (CVT_1.5) 2009年式は、

 ・1500 cc ですが発進加速が良く、中間加速も街中なら十分です。
  他にスカイラインハイブリットとベンツA180スポーツを所有していますが、
  軽さからくる軽快感はgoodです。 

 ・室内はこのクラスでは、一つ抜けていると思います。
 ・特にシートは程よいクッションで、乗り心地が良いです。
 ・アームレストのソフトなタッチがとてもいいなど、質感の良さが感じられます。 



共通テーマ:自動車

ポルシェの魅力 [輸入車]

ポルシェは、ビターに攻めても、スイートに流しても、つねにドライバーを夢中にさせる車である。

共通テーマ:自動車

軽四駆キャンピングカー [車・バイク]

◆軽四駆キャンピングカー
おすすめなのは、平坦な道ばかりを走りたくない人に。
もちろん、外見上は軽キャンピングカーとして、何も変わりません。
ベースがマツダのスクラムトラックです。

新車で購入すると、約250万円くらいで、軽キャンピングカーとしては、特に高いわけではありません。
内装は軽キャンピングカーとして、必要なものが取り揃えられています。
好みの問題ですが、できるだけ大きな車体で内部を広く取った、軽キャンピングカーと外装を変えずに、内装だけでキャンピングカーを構成したものに分けられます。
どちらが好みですか。

軽キャンピングカーを購入しても、買い物や通勤に使おうと考えているならば、内装だけを変えたタイプがおすすめですね。
ちょっと自慢したくなるのですが、日常生活においては不要なものですね。
トラックの荷台ですから、人が二人横になっても十分なスペースを楽に確保できます。

スペースがあると、装備も充実させることができますね。
狭いスペースに工夫して収納するか、車体を大きくするかで軽キャンピングカーの選択肢が変わるのですね。
旅先で思わぬ天候の崩れがあっても、四駆なら心配する必要はありません。



共通テーマ:自動車
前の8件 | -