So-net無料ブログ作成
車・バイク ブログトップ
前の10件 | -

レガシィB4の6代目 [車・バイク]

6代目となるレガシィシリーズは、2タイプがラインアップされており、
スポーティな走行性能や、スバル独自の安全システム、EyeSightを採用した、
 ・セダン「B4」
 ・SUV「アウトバック」

があります。

レガシィB4は、最高出力129kW(175馬力)/5800rpm、
最大トルク235Nm(24.0kgm)/4000rpmを発生する、
2.5L 水平対向4気筒 DOHCのFB25型エンジン+リニアトロニックCVT
との組み合わせで、高い評価となっています。


日産ティーダの中古車相場 [車・バイク]

日産ティーダは、上質なコンパクトカーとして2004年より販売された
ハッチバックのクルマですが、 2012年絶版車になっています。
 
参考として、中古車価格相場を調べてみますと、次のようで、
ティーダの状態や査定時期とか買取店によっても、査定価格は変動します。
参考として、見てください。
・2008年式(H20年) 走行距離 6.3万キロkm 価格 9.5~5.0万円 ホワイト
・2010年式(H22年) 走行距離 4.6万キロkm 価格 26~20万円 シルバー
・2011年式(H23年) 走行距離 4.3万キロkm 価格 20.0万円 シルバー
・2012年式(H24年) 走行距離 4.8万キロkm 価格 30.0万円 ブラック

日産セレナの車内長さはクラスナンバー1 [車・バイク]

日産セレナは、
使い勝手が良くて、快適に運転移動ができるといった、
ファミリー向けの車に求められる能力は、
ミニバンクラスの アベレージを、充分に超越しています
さらにセレナは、最新鋭の技術が採用され、
安全に、快適・便利で、低燃費なクルマなんです。 
 
このモデルは、ファミリーカーに求められる能力を追求し、
進化してきたもので、家族にとって重宝する車であることは、
間違いありません。
 
家族第一に考えられる特徴は、3240mm の車内長さは、クラスナンバー1で、
便利な機能や誰にでも扱いやすいという、
幅広いユーザーに適すること、太鼓判を押せます。 

ハンドリングのいいレガシィB4 [車・バイク]

レガシィB4 リミテッドグレード DBA-BN9 について、
 
ボディの大きさをさほど感じさせない、軽快な走りやすい車で、
ハンドリングには好感が持てます。

それでいてコーナーでは安定性にすぐれ、
狙ったラインに乗せることはたやすい
ハンドリング

新たにオートステップ変速を採用した、
リニアトロニック(CVT)との絶妙な連携により、街地から高速、
ワインディングに至るまでの、心地いい加速フィールを実現しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

日産ティーダの絶版車について [車・バイク]

日産ティーダは、2012年絶版車になっていますが、
グレード:15M (CVT_1.5) 2009年式は、

 ・1500 cc ですが発進加速が良く、中間加速も街中なら十分です。
  他にスカイラインハイブリットとベンツA180スポーツを所有していますが、
  軽さからくる軽快感はgoodです。 

 ・室内はこのクラスでは、一つ抜けていると思います。
 ・特にシートは程よいクッションで、乗り心地が良いです。
 ・アームレストのソフトなタッチがとてもいいなど、質感の良さが感じられます。 


軽四駆キャンピングカー [車・バイク]

◆軽四駆キャンピングカー
おすすめなのは、平坦な道ばかりを走りたくない人に。
もちろん、外見上は軽キャンピングカーとして、何も変わりません。
ベースがマツダのスクラムトラックです。

新車で購入すると、約250万円くらいで、軽キャンピングカーとしては、特に高いわけではありません。
内装は軽キャンピングカーとして、必要なものが取り揃えられています。
好みの問題ですが、できるだけ大きな車体で内部を広く取った、軽キャンピングカーと外装を変えずに、内装だけでキャンピングカーを構成したものに分けられます。
どちらが好みですか。

軽キャンピングカーを購入しても、買い物や通勤に使おうと考えているならば、内装だけを変えたタイプがおすすめですね。
ちょっと自慢したくなるのですが、日常生活においては不要なものですね。
トラックの荷台ですから、人が二人横になっても十分なスペースを楽に確保できます。

スペースがあると、装備も充実させることができますね。
狭いスペースに工夫して収納するか、車体を大きくするかで軽キャンピングカーの選択肢が変わるのですね。
旅先で思わぬ天候の崩れがあっても、四駆なら心配する必要はありません。


カーシェアリングとリース車 [車・バイク]

カーシェアリングと個人向けのリース車の違いは、どのような点でしょうか。

カーシェアリングとレンタカーの他には個人向けのリースという手があります。
リースとは実際には買ったわけではないけど所有しているという感じが一番のイメージでしょうか。

リースは新車を2年から5年の使用期間で予想走行距離を設定して、その期間車をレンタルするのです。
これを利用すると分割ローンで新車を買うよりも経済的に車を所有することが出来るのです。
もう少し詳しく見ていきますと、

・リースは2年から5年後に返却すると残存価値というものが発生します。
売却で言うと下取りの価格です。
・予め販売価格から残存価値を引いた価格を設定する。
・最終的に残存価値が予定から外れていたら返却の際に清算できる。

リースとマイカーの違いに明らかに違うものがあります。
リース中に発生する諸費用は全てリース価格に入っている。
なので、突然他に費用が発生することがないのです。

諸費用には手続き費用や税金、保険、整備費が入っています。
リースはカーシェアリングやレンタカーとは全く違うものだとは思いますが、比べる為にも紹介してみました。  


自動車イベントとカー・オブ・ザ・イヤー [車・バイク]

自動車イベントと聞いて何が浮かびますか?
やはり代表的なイベントはモーターショーではないでしょうか?  
自動車イベントならやっぱりモーターショー。
そして国内の有名なモーターショーの一つである東京モーターショーは1954年にスタートしてから定期的にずっと開かれています。

 気軽に参加できる自動車イベントといえば、あなたが選ぶカー・オブ・ザ・イヤー。
これはインターネットから誰でも投票できるイベントです。
自動車に興味がある人なら誰もが気になる、今年の日本一の車。

これを決定する投票にあなたも参加することができるのです。

特別な投票資格基準はなく、インターネットが使える人なら誰でもオーケーです。

イベントに参加することは自動車好きにはたまらない休日の過ごし方でしょう。
ぜひたくさんの自動車イベントに参加して更に自動車好きに磨きをかけましょう。 


軽キャンピングカーの比較 [車・バイク]

◆軽キャンピングカー特徴的な車種比較
それぞれの軽キャンピングカーは、いずれも、業者による改造です。

・テントむし
その名から想像できるように、テントを広げて拡張することができます。
スズキのキャリーをベースとした軽キャンピングカーで、コンパクトな軽キャンピングカーをコンセプトとしていますから、かなり小型です。
それなのに充実した内装で、天井にはテントが収納されています。
ポップアップルーフを上げれば、2段別ベッドとなり、4人がゆっくり寝ることができます。

・ワタビー
スズキのエブリィをベースとした、軽キャンピングカーで、外見はキャンピングカーとはわかりません。
外装の改造は一切ないからです。
通常の買い物や通勤でも違和感はありませんね。
内装はステンレスシンク、サブバッテリー、折り畳み式テーブル、2人用ベッド、給水タンクなど充実しています。

・ピクニック
スズキのエブリィをベースとしており、特徴はポップアップルーフが取り付けられていることです。
バランスよく収納されたルーフが見事で、業者のこだわりが感じられます。


ユーザー車検について [車・バイク]

◆車検場の下見
 
車検は2年、新車であれば3年ですが、費用がとても高く、もっと安くなればと思っている人もたくさんと思います。
車検費用をおさえるために、もしあなたがユーザー車検を受けようと思っているのであれば、ユーザー車検をする検査場を、まず事前に見に行くことをおすすめします。
 
どういう建物で行い、どういう手順で手続きを進めていけばいいのか、どの窓口で受け付けを行けばいいのか、あらかじめ調査しておくといいでしょう。

◆ユーザー車検の事前調べ
 
どのような建物で行い、どのような手順で手続きを進めていけばいいのか、どの窓口で受け付けを行けばいいのか、あらかじめ調査しておくといいでしょう。
 
ユーザー車検をやったことの無い初心者の人は、時間がどうしてもかかってしまうものです。
他の人もいますので、一人で手間取っているとどんどん焦ってきますので、パニックになり周囲の反感を買ってしまうかもしれません。


前の10件 | - 車・バイク ブログトップ